新着記事

        桜’2020-サイクリング桜巡り・北多摩の桜スポット         2020/3/25
        サイクリング-温泉No47・四季彩館その2                      2020/3/3
                                     &梅’2020の3越生梅林
        梅’2020の2-サイクリング高尾梅郷                             2020/2/26
        梅’2020の1-サイクリング府中郷土の森                      2020/2/18
        第54回青梅マラソン出場                                             2020/2/16
        お雛様’2020                                                              2020/2/14
        孫娘のための合格祈願                                               2020/1/31
        令和初の正月                                                            2020/1/5
        紅葉’2019の2-サイクリング高尾・八王子                      2019/11/29
        サイクリング-温泉No46・小川温泉/花和楽の湯            2019/11/20
        紅葉2019の1                                                              2019/11/7
           -ツーリング丹波渓谷・棡原/上野原・五日市渓谷
        台風19号で初の避難                                                   2019/10/13
        サイクリング-温泉No45・小菅の湯その3                       2019/5/6
        サイクリング-温泉No44・竜泉寺の湯(八王子)              2019/4/16

      
   ( 記事中の写真をクリックすると拡大写真が見られます )

   「全記事一覧(カテゴリ別)」ここをクリック
    「バイク日本全周(記事一覧)」(10タイトル)はここをクリック
   「日帰り湯サイクリング(記事一覧)」ここをクリック
   「その他のサイクリング(記事一覧)」ここをクリック

       
ここから"オガチャンのホームページ"にリンクします )
                ** 2015年10月全面リニューアル(第2回) **

|

2020年3月25日 (水)

桜’2020-サイクリング桜巡り・北多摩の桜スポット

1negawatsutsumi 3月25日(水)、毎年恒例の北多摩の桜スポットを一周するサイクリングに出掛けた。
今年は極端な暖冬で開花時期が早まり、特に関東が一番早い開花を迎えた中で、暫く良い天気が望めないので晴れで暖かなこの日に出掛けたもの。
コロナウイルス感染が拡大する中、公共交通機関を使用せず単独で「3密無し」で行けるので、今年も例年同様に自転車で花見に出掛けてきた。2kunitachidaigakudohri
コースは、多摩川堤防から立川の根川緑道・根川堤(写真右上)を皮切りに、国立大学通り(写真左上)・府中公園を経由し小金井公園(写真右下)から多摩湖サイクリングロード(写真左下)で多摩湖経由で自宅近くの福生南田園堤へと走ってきた。
3koganeikohen 4月12日まで外出自粛要請が出ていることで花見客が少ないことが予想される中、小金井公園は思ったより多くの家族連れが来ていて、例年同様にここで「コンビニ弁当+飲み物&持参つまみ」の昼食を食べて帰路についた。
開花状況は、ネットで見ている限り8分咲き以上の感じだったが、思ったより開花は進んでいない状態で、6~8分咲きで平均7分咲きくらいであった。4tamakocyclingroad




【コース】

自宅-睦橋-鯨公園堤根川緑道根川堤国立大学通りさくら通り都立府中公園多磨霊園武蔵野公園野川公園小金井公園多摩湖自転車道(花小金井-小平-東大和)-多摩湖西武立川-拝島駅玉川上水-福生南田園堤-睦橋-自宅

【追加記事】
4月2日(木)、その後の雨でも桜が散らずにどうにか開花を維持していたので「多摩川堤防→根川緑道→根川堤→国立大学通り→福生南田園堤」を再度訪れた。
どこも満開の終わり頃で見応えのある美しさを維持していた。
ただし、強風が吹いていたので予定していた「桜の花の下での昼食」は止めて12時に帰宅した。
( 下の写真は、4月2日の根川堤、国立大学通り)

54_2sakuracycling

| | コメント (0)

2020年3月 3日 (火)

サイクリング-温泉No47・四季彩館その2&梅’2020の3越生梅林

1sikisaikan 3月3日(火)が暖かな予報なので、日帰り温泉巡りサイクリングと既に見頃を迎えた梅鑑賞を兼ねて、ときがわの「ときの湯/四季彩館」「越生梅林」に出掛けた。
8時半に出発し何時ものルートで向かったが、思ったより風が強く脚力を使うことになった。休憩無しで越生の「山吹の里」でお手洗いに寄っただけで11時に「四季彩館」(写真右上)に到着した。
時間が早いこともあり「ナトリウム-塩化物冷鉱泉のお風呂」は空いていて入浴客は3人ほどだった。
2ogosebairin1 この施設は食堂が無いので、売店と自動販売機で弁当と飲み物を買って食事をし、その後もう一度お風呂に入って12時半に越生梅林に向かった。
越生梅林には30分ほどで着いたが、その前に近くの「佐藤酒造店」で日本酒の「越生梅林」を買ってから行った。
温度が上がって暑いほどの暖かな日差しの中「見頃の梅を観賞」(写真左、右下)、その後梅林内で「みそおでんと飲み物」で初めて梅見らしい時間を過ごした。3ogosebairin2
14時10分に梅林を出発、県道30号バイパスを走って、仏子から入間工業団地→箱根ヶ崎の往復同一ルートで戻り、家には2時間15分の16時半前に到着した。

【コース】
自宅─東福生─箱根ヶ崎─入間工業団地─新久─仏子─野田─双柳─日高─毛呂山─越生─ときがわ十字路─四季彩館─ときがわ十字路─越生梅林─越生
(以降は往路と同一ルート)
   (走行距離…87km、所要時間…8時間)

| | コメント (0)

2020年2月26日 (水)

梅’2020の2-サイクリング高尾梅郷

1yuhodou_bairin 2月25日(火)、ネットで分った東京の梅の名所の「高尾梅郷」に、少し時期が早いと思いながらも以後の予定と天候の兼ね合いで出掛けてみた。
11時くらいまでは予報だったので、10時前に出発し高尾梅郷に11時くらいに到着した。
2surusashi_bairin この「高尾梅郷」は、いつも紅葉の時期に訪れていたが梅の名所という認識が無かったので、梅鑑賞に訪れるのは今回が初めてになる。
  最初に小仏川沿いの「遊歩道梅林」(写真右上)を自転車を引いて梅を見ながら歩き、その後旧甲州街道(裏高尾)に出て「摺差梅林」(写真左上)を観てから「木下沢梅林」に向かった。
3kogesawa_bairin 「木下沢梅林」(写真右下)に初めて来たが、網フェンスで囲まれていて梅林内には入ることが出来ないので、道からフェンス越しに眺めて写真を撮るしかなかった。梅まつりの時だけ梅林を解放するらしいのだが、3月14日・15日に予定されている今年は「コロナウィルス」の関係で祭の開催は難しい状況のようなので解放は無い可能性が大きい。この梅林は場所が高いこともあり一部だけ開花している状況で、全体が開花するにはまだしばらくの時間を要しそうだ。
4sekisho_bairin ここから戻り、紅葉時期と同じように「摺差の峰尾豆腐店」で近所の奥様方への土産を含めて「おからドーナッツとがんもどき」を購入した。
この後、駒木野の「関所梅林」(写真左下)を観て帰路に着き、楢原の「和食さと」で昼食を食べて、13時半ころに帰宅した。         (走行距離…38km、 所要時間…約3時間30分)

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

梅’2020の1-サイクリング府中郷土の森

Fuchukyodonomori1 2月19日(火)、「極端な暖冬の今年」ということもあって、開花情報でもまだ少し早い感じだったが、天気が良さそうなのでこの早い時期に敢えて毎年梅見に行っている「府中郷土の森」に出掛けてきた。
11時前に到着、既に「梅まつり」も開催されていて観梅客も結構来ていた。去年と違い窓口が無く「券売機」が設置されていて入場も「入場券のQRコード読み取り」になっていて省人に化に変わっていた。
Fuchukyodonomori2 見込みどおり「満開には少し早かった」が、1時間弱ほど「綺麗な梅の花」を楽しんだ。
天気予報どおり、復路は北西の風に向かって走ることになり、スピードも3km/hほど遅くなって、脚力が試されるサイクリングで13時前に帰ってきた。        (走行距離39km、所要時間3時間)


| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

第54回青梅マラソン出場

No54oumemarathon1 2月16日(日)、39年目の第54回青梅マラソン10kmに出場し無事完走した
天気予報で8時過ぎから12時過ぎくらいまで雨予報だったので、今年は自転車は止めて丁度在宅していた息子に車で「更衣所の青梅市役所」まで送って貰った。
例年より30分ほど早く出発、既に出がけからポツポツきていたが幸いそれ以上降られずに青梅市役所に到着した。早く出たことで通行規制にかからずにスムースに走り8時前に青梅市役所に着くことが出来た。
身支度をして(写真右上)1時間15分ほどの時間を潰していざ出走場所に行くために外へ出たら雨が降り出したので、慌てて戻って「昨日ダイソーで買ったレインジャケット」を着て走ることにした。
No54oumemarathon2a 結局、それ以降ゴールに帰ってくるまで降り続き、皮肉にもゴール後に雨は止んだ。過去39年間で初回(30km)の出走(第16回大会)と今回で2回目の雨中でのRUNになった。
参加賞のTシャツは「薄いグレー」で 完走賞はメダル(3年連続) (写真左横) だった。
タイム的には、昨年より1分ほど遅くなって「1時間3分41秒:ネットタイム1時間1分55秒(70歳代136位/326人中)」だった。やはり1歳年齢が上がる毎に「1分弱程」遅くなるのは避けられないようだ。
来年は出続けてから40年になるので、記念として是非とも走りたいと思っているので、それに向けて今から1年間健康を維持していきたい。

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

お雛様’2020

例年は節分を過ぎると直ぐに飾っていたのだが、今年は止めようかと迷っていて日が過ぎてしまった。
Ohinasama2020 しかし孫娘の都立高受験が1週間後に迫っていることもあり、合格祈願の意味も含めて青梅マラソン全々日の14日に飾り付けをすることに決めた。
午前中にサイドボードの上を掃除し片付けをして内裏雛だけを飾り付けし、午後スーパーで菱餅を購入してからブログ用の最終の写真を撮影した。
これで、妻が逝去してから9年間男所帯にも拘わらず「お雛様」を継続して飾っている。


| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

孫娘のための合格祈願

1月31日(金)、高校入試を2月10日と21日に控えた孫娘のために、”合格祈願”のお詣りとお守りを戴きに『谷保天満宮』(写真)へ自転車で行ってきた。
Yahotenmangu 朝10時過ぎに出発、多摩川堤防沿いに小一時間ほど走って11時くらいに到着した。
本殿の拝殿でお詣りして合格祈願をした後、社務所でお守りを戴いた。平日の比較的早い時間ということもあって参拝者はポツパツという感じだった。
この日は風が非常に強くて、往きは少し追い風だったので普通の速度の25~26kmで走れたが、帰りは真っ向からの風で同じように漕いでも15~16kmくらいしかスピードが出ず苦労して帰ってきた。
最初は「湯島天神」か「谷保天神」のどちらにするか考えたが、この日の強風ではとても湯島への往復は大変だったので、谷保天神にしておいて正解だった。
翌々日の2月2日に羽村に住む孫娘に「お守り」を手渡しし激励してきた。後は体調を万全にして無事に試験に臨んでくれればと願うばかりだ。

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

令和初の正月

元旦は良い天気に恵まれたので毎年「初日の出」を見に行っている睦橋に日の出前に出掛けたが、残念ながら初日が出る方角だけに雲がかなり広がっていたため、まともに「初日の出」が見られそうに無いのですぐに引き上げてお正月の食事の準備にとりかかった。
天気の良い元旦に「初日の出」を見ないで正月を迎えたのは初めてかも知れない。
家に帰っていつもどおりお節料理と雑煮の準備をして、10時過ぎから2時間程で長男と2人の新年の朝食を済ませ、午後からいつも通り拝島大師へ「初詣」に出掛け、「交通安全のお守り」を買って帰ってきた。
二日は、毎年恒例の「家内の親戚」が集まっての新年顔合わせがあり朝から場所作りに追われた。昨年姪2人が結婚したことで今年は新たな大人の男性の親戚が増え、大人18人子供6人の総勢24人の大人数での宴会になった。昼から夜までの賑やかな宴も無事終わり喧騒の一日が終わった。
三日は、泊まって11時頃に起きてきた「娘と孫娘」を加えて4人での正月三が日の遅い朝食をとり、娘達が帰った後に長男と2人で昨日の宴会の後片付けに追われる1日を過ごし、今年の令和初の正月の主行事を終えた。

 

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

紅葉’2019の2-サイクリング高尾・八王子

11月29日(金)、今年の紅葉の時期の数少ない晴天を選んで「紅葉サイクリング」で裏高尾へと出掛けた。 
急に気温が低下して冷たい朝になったが、この日以外に良いタイミングが無いので急遽出掛けた。
今回は、住宅のの生協仲間の奥様方への手土産として「裏高尾の峰尾豆腐店の手作り寄せ豆腐」を買うことも目的にして出掛けたもの。
朝9時20分に出発して、裏高尾町摺差の豆腐店に10時30分頃に到着した。
今回は、「寄せ豆腐とがんもどきに加えおからドーナツ」を4組注文(奥様方3組と娘用)し、帰りに取りに寄ることで目的の終点「小仏峠入口」へ向かい11時に到着した。
Takaokohyou20191_20191202155201 途中、先日の台風の大雨による被害を思わせる傷跡を見ながら登り、終点の「小仏峠入口」(写真右上)に着いたが、ここから先の歩きの登山道は「通行止め」になっていた。しかし、終点に車が10台以上停車しているのを見ると、通行止めでも登っている人がかなり居るのではないかということを伺わせる。 
Takaokohyou20192_20191202155201 ここからは、毎回寄っている小仏の「寶珠寺の紅葉」(写真左上)を見て、峰尾豆腐店で買った品物をザック満杯に詰め込み、高尾山のケーブルカー乗場のある「高尾山口」に向かった。
Takaokohyou20193_20191202155201 毎年のことであるが、「紅葉の高尾山口」(写真右下)は平日にも拘わらずアジア系外国人を含む多くの観光客で混雑していた。
Takaokohyou20194 ここから帰る途中に高尾の甲州街道の銀杏並木を走って、名物の「黄色の紅葉」(写真左下)を眺めてから、途中のすかいらーく系列の「かつ久」で昼食を食べて14時に帰宅した。
【コース】
自宅-雨間-戸吹-四谷-高尾-西浅川-駒木野-摺差/峰尾豆腐店-小仏-小仏峠入口寶珠寺-小仏-駒木野-西浅川-高尾山口-西浅川--高尾-町田街道入口/銀杏並木-元八王子/かつ久-四谷-戸吹-雨間-自宅
(所要時間…4時間40分、走行距離…43km)

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

サイクリング-温泉No46・小川温泉/花和楽の湯

11月19日(火)、今年最後と思われる日帰り温泉巡りサイクリングで、埼玉県小川町の「おがわ温泉花和楽の湯」へ行ってきた。 Kawaranoyu1
この日は気温も20℃予想で風も無い絶好の天気予報だったので、翌日の冬型の天気を避けて朝は曇り予報だったが昨日決めて急遽出掛けたもの。従って、この時期にしては珍しく朝から一度もウインドブレーカーを使用しないで走ることが出来た。
Kawaranoyu2 距離が遠いので家を早めの7時50分に出発、3時間予想より早く2時間40分で10時半には温泉施設に到着した。
ここは以前から訪問予定だったが、入浴料金が若干高いことと遠距離ということもあって延び延びだったが、未訪問温泉が無くなってきたので今回行くことにしたもの。
往路は飯能から小川まで県道30号線1本で走ったが、復路はときがわの急坂を回避して八高線沿いにときがわ市役所・明覚駅を経由して田中に戻る迂回コースを走った。
温泉は小川町の外れで、裏手は小高い丘陵で多くの木々があって閑静な場所に建てられた施設だ。平日のためか空いていたが、2日前まで故障でカランとシャワーが使用できなかったことの影響があったかも知れない。
温泉はPH10の源泉掛け流しで、毎日温泉を何回か総入れ替えをしているようで、説明書きではこの総入れ替え方式は「全国でも珍しい」とのこと。
今回、食事で飲み物の種類を間違えるというハプニングがあったが、15年ほどの「日帰り温泉巡り」で初めての出来事になった。入浴料金や食事も平均的に高めになっていたので、費用(飲み物&おつまみ含む)も4400円かかってしまい最初で最後の訪問になりそうだ
【コース】
自宅-東福生-箱根ヶ崎-入間工業団地-新久-仏子-双柳(飯能)-宮沢湖入口-高麗川-毛呂山-越生-ときがわ-五明-小川/花和楽の湯-五明-玉川-明覚-ときがわ/田中-越生-毛呂山-高麗川-宮沢湖入口-双柳-仏子-新久-入間工業団地-箱根ヶ崎-東福生-自宅
              
(走行距離…98km、 所要時間…7時間45分)

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

紅葉2019の1-ツーリング丹波渓谷・棡原/上野原・五日市渓谷

11月6日(水)、久し振りにバイクツーリングで「紅葉観賞」に丹波渓谷・小菅・棡原/上野原、五日市渓谷へ出掛けた。1_ogohchidam
寒さを避けて家を遅い9時半に出発、吉野街道を走ったが軍畑で通行止めになっていて真っ直ぐ走れず、奥多摩街道に出て鳩ノ巣の手前から新たに開通した”多摩川南岸道路”で奥多摩町をバイパスし小河内ダムに10時過ぎに到着した。奥多摩湖(写真右上)は満水状態だったが、台風と大雨の影響で水が濁っていて何時もの綺麗な水面を見ることが出来なかった。
2_tabakeikoku 湖畔を走り湖の最深部の深山橋から丹波山村を通り「丹波渓谷」の紅葉(写真左上)を観賞して引返した。
丹波渓谷の紅葉は例年より少し早い感じではあったが、そこそこの紅葉を見ることが出来た。 3_kosugenoyu_20191113155801
丹波山に戻り山越えで直接小菅村に出て、昼食のため「道の駅こすげ」(写真右中段)に寄ったが、水曜日でレストランが休業で「小菅の湯」の食堂で昼食を摂った。
4_yuzuriharasen ここから、棡原線(写真左下)を経由して甲武トンネル・上川乗・檜原から五日市渓谷に出て、恒例のSPOTの「石舟橋の紅葉」(写真右下)を観て自宅に15時前に家に戻った。

5_itsukaichisekishubashi_20191113155801

【コース】

自宅-瀬戸岡-友田-梅郷-軍畑-御嶽駅-多摩川南岸道路-奥多摩湖-深山橋-丹波山-丹波渓谷-一ノ瀨高橋-丹波山-小菅/道の駅棡原線-甲武トンネル-上川乗-檜原村-五日市渓谷/石舟橋-五日市-雨間-自宅  (走行距離:146km、 所要時間:5時間20分)

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

台風19号で初の避難

10月12日(土)に台風19号が関東を直撃し各地に大きな被害をもたらした。台風がくる以前から雨が降り続きあきる野でも秋川が氾濫と川岸崩壊で住宅が崩落するなどの被害が発生した。
12日は朝から雨が降り続き多摩川も増水し、睦橋上流のライブカメラでも水位が徐々に上昇、夕方娘からも避難を勧める電話があった。
18時頃でもなおライブカメラの水位が上昇を続けていて、これから暗くなりなお5時間くらい上流も含めて大雨の恐れがあることから、娘の勧めに従いここに住んで46年間で初めて避難することを決め、長男と2人で昭島の娘のマンションへ行くことにした。 1_mutsumibashikaryu_20191113150901
避難に際して冷蔵庫の電源を落とすことにしたので、冷蔵庫の中味を全てクーラーボックス2つに収納した後、ブレーカーを全てOFFにして18時半に車にクーラーボックスを積み込み家から避難をしたので、その夜は娘の家でゆっくり休む事が出来た。
翌朝7時くらいに娘の家を出て家近くの睦橋から多摩川を見ると水量は相当多い(写真右上:睦橋下流、左:睦橋上流、右下:睦橋)が、意外にも昨日の夕方に水に浸かっていた「福生南公園」は一応水が引いていた。
2_mutsumibashijyohryu_20191113150901 兎に角、付近の多摩川では過去1~2番目に水量が増したが、我が家では被害がなく良かったと言えるのだが、秋川や浅川に加えて多摩川下流域では今迄に無い大きな被害になり、日野橋の橋脚の一つが沈んで橋が通行不能となり相当長期間使用不可になる見込みだ。
我が家がある地域は”あきる野市ハザードマップ”で「浸水想定区域」になっていることから、近所でも20人くらいが避難指定施設場所へ避難したらしいのだが、避難しなかった人も多く対応が分かれている。3_mutsumibashi_20191113150901
私も、近くの多摩川の堤防が越水するようなことはまず無いものと考えているのだが、最近各地で想定外の災難に見舞われることが多いので、今回のように万が一を想定して「避難」することが最善なのかもしれない。

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

サイクリング-温泉No45・小菅の湯その3

2019kosugenoyu
5月5日(日)、10連休でテニスが連日続いたので気分を変えて日帰り温泉サイクリングで山梨県小菅村の「小菅の湯」(写真右上)に出掛けた。
2019ogouchidum 後期高齢者になって初めての山登りサイクリングで、奥多摩湖最深部から9kmほど大月方面の山へ入った「山梨県小菅村」の天然温泉で、今回が3回目で「道の駅小菅」の2年程前のリニューアル後は初めての訪問となる。
往路の所要時間がかなりかかる見込みなので、家を7時40分に出発し途中川井と小河内ダム(写真左)でトイレ休憩をとって、小菅の湯には3時間半かかって11時10分頃に到着した。
10連休なので「道の駅」(写真右下)は多くの人で賑わっていたが、温泉はそれほどの混雑ではない感じだったが、連休らしく家族連れが多く見られた。
2019michinoeki_kosuge 温泉入浴後、食事&飲物で1時間半ほどゆっくりとした時間を過ごし、13時半過ぎに温泉を出発した。
復路も往路と同じルートで、同じく小河内ダムと川井でトイレ休憩をとっただけで走り、往路より1時間少ない2時間半の所要時間で、16時過ぎに家に到着することが出来た。
【コース】
自宅─福生─友田(小作)─長渕(青梅)─梅郷─御岳─川井─古里─奥多摩─小河内ダム─深山橋─小菅村─小菅の湯   (復路も同一コース)   
      (走行時間:往路3時間30分・復路2時間30分、走行距離:108km)

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

サイクリング-温泉No44・竜泉寺の湯(八王子)

4月16日(火)、後期高齢-75歳の誕生日なので昼食を家以外で食べる目的で、八王子みなみ野にある「竜泉寺の湯」に出掛けた
掃除など一通り家事を終えた10時50分に出発、「竜泉寺の湯」には昼前に着いた。
Ryusenjinoyu ここはもともと訪問対象外のスーパー銭湯だったが、1年ほど前に天然温泉になった湯処なので行くことにしたものだ。
家からは14kmほど45分くらいで到着した。温泉の外観は何の変哲も無く単に建物がある感じで看板だけが目印で、入口も無く地下駐車場をエレベーターで上がった2階が温泉の入口(写真)になっていた。
温泉は源泉温度26℃の「アルカリ性単純温泉」で、お風呂は元スーパー銭湯らしく種類も多く露天も含めてなかなか広々と作られていた。
食事処「一休」のメニューは種類も多く価格もそこそこで、「湯楽の里」よりも雰囲気はなかなか良い感じだった。
入浴後、いつも通り飲物と食事で1時間ほどかけて「誕生日の昼食」の時間を有意義に過ごし15時半ころに帰宅した。
【コース】
自宅-南公園-拝島橋-左入交差点-八幡町-富士森公園横-小比企町-北野街道-つどいの森入口-竜泉寺の湯 [帰路も同一コース]
(走行距離…28km)

| | コメント (0)

«桜’2019-サイクリング桜巡り・北多摩の桜スポット